歯を失った時

  1. ホーム
  2. 歯を失った時

歯を失った時

歯を失ってしまった場合、当院では患者様の状態に合わせて最善のものを提案させていただいています。それぞれの治療方法にメリット・デメリットがあり、お口の状態に合う、合わないがあります。ご希望などがありましたらお伺いいたしますのでお気軽に言ってください。

入れ歯
入れ歯は種類も多く総入れ歯から部分入れ歯まで、用途に合わせて作れます。
治療計画をしっかりと立て状況や症状に合わせた入れ歯を作成すると、しっかり咬めるようになります。 また、入れ歯のデメリットを解消する素材を使用したものもあり、金属アレルギーの方でも使えるよう金属を使わない入れ歯や、バネを使わず見た目も美しく歯に優しい入れ歯など、患者様に満足して頂ける治療を行う事が出来ます。
ブリッジ
ブリッジは失った歯の両側に生えている歯を土台として、その歯に橋を渡すように人工の歯を被せる治療方法です。固定式のため装着時に違和感はなく、自費治療の素材を使用することで仕上がりも美しいブリッジを作成することができます。咬む力もしっかりしていますが、両隣に歯がある事が治療の条件になります。
インプラント
インプラントはチタンでできた土台をあごの骨に直接埋め込みその上から人工の歯を被せる治療方法です。一本からの治療が可能で、他の歯に負担をかける事がありません。使用感は元の歯に一番近く、強く噛むことができます。治療は外科手術が必要になり、治療期間が長いですが、定期的なメンテナンスを受ければ長年の使用も可能です。

各治療法のメリット・デメリット

  メリット デメリット
入れ歯
歯を削る必要がなく、数本に及ぶ大きな欠損にも対応できる
保険内でも治療ができる
自費の素材を使用することで咬む力や衛生面を補う事ができる
食べ物が挟まりやすく、不衛生になりやすい
装着による違和感を感じる場合がある
保険の素材の場合、入れ歯の金属部分が見えてしまう
ブリッジ
取り外す必要がなく、違和感が少ない
固定式なので咬む力が強い
使用する素材によっては保険内で治療ができる
固定するために、健康な両隣の歯を削る必要がある
支えになる両隣の歯にかかる負担が大きい
食べ物が挟まりやすく、不衛生になりやすい
インプラント
自分の歯と同じように噛むことができる
隣の歯を削る必要がなく、周りの歯を傷つけない
噛む力が強く、良く咬む事ができる
保険適応外の治療なので費用が高い
外科手術が必要なため、治療に時間がかかる
定期的なメンテナンスが必要になる

定期的なメンテナンスはどの治療でも必要になってきます。長い期間清潔で安全に使うためのメンテナンスなので、面倒くさがらずに通っていただけるようお願いいたします。

インプラント治療の流れ

FLOW 01

カウンセリング

まずはインプラント治療の詳しい説明をさせていただきます。
不安な点や質問など何でも言ってください。

FLOW 02

検査

お口の状態を詳しく調べていきます。
この検査結果をもとに治療計画を立てていきます。

FLOW 03

手術1回目

インプラントをあごの骨に埋め込む手術を行います。
手術後に痛みが出ますが、抜歯程度の痛みです。

FLOW 04

待機期間

骨とインプラントが結合するのを待ちます。
約3ヶ月~6ヶ月かかります。

FLOW 05

手術2回目

骨とインプラントがしっかり結合しているのを確認後2回目の手術を行います。
人工の歯の支えになる部分を装着します。

FLOW 06

被せ物の制作

咬み合わせを考えた人工の歯を制作します。
制作期間中、必要な場合は仮歯を装着します。

FLOW 07

人工の歯の装着

人工歯を装着し、細かい調整を行います。
これからのお手入れの方法などご説明いたします。

治療終了後、定期的なメンテナンスに通っていただきます。
このメンテナンスはインプラントを長く安全に使っていただくために必要になりますので、忘れずに通うようにして下さい。

医院概要

診療時間 9:30~13:00/15:00~19:30

【休診:日・祝】

■診療科目
虫歯治療・歯周病治療・咬み合わせ治療・小児歯科・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

武藤歯科醫院

078-917-5165

〒673-0891 明石市大明石町1-7-27
東急ドエルアルス明石エスタシア1F
JR明石駅より西へ徒歩3分
医院前に駐車場1台分有