咬み合わせ

  1. ホーム
  2. 咬み合わせ

咬み合わせチェック~こんな症状がある場合、咬み合わせがズレているかもしれません~

  • 片側でしか咬めない
  • 同じところが何度も虫歯になる
  • 歯がしみる
  • 唇や舌、頬の内側を咬みやすい
  • あごがカクカクしたり痛みがある
  • 被せがよくはずれる
  • 歯周病がなかなか治らない
  • 急に歯がグラついてきた
  • 肩こり、頭痛、めまい、腰痛、耳鳴りなど体の不調がある
  • 顔が左右どちらかに歪んでいる

なぜ「咬み合わせ」が重要なのか?

肩こりが凝っている女性の写真

定期検診にも通って日々のお手入れもきちんとしている人でも、検診のたびに新たな虫歯ができていたり、少しずつ歯が悪くなっているという事がよくあります。
その理由は、歯が悪くなる原因がお手入れ不足以外にあるからです。
歯はプラーク(歯垢)だけでなく、それ以外に余分な力をかけると悪くなります。
お口にトラブルを抱えている人は、気づかないうちに歯に余分な負担をかけている事が多くあります。その余分な負担は咬み合わせの悪さから来る事が多いのです。

人間の咬む力は平均的な数値ではありますが、通常食事をする時で男性が約60kg、女性が約40kgと言われています。
そして現代の日本人が1度の食事で「咬む」回数は約60回を言われています。これらの大きな力を支えている上下28本の咬み合わせがズレるとどうなると思いますか?
咬み合わせのズレは、健康な歯にも大きな負担をかけます。抵抗力のない体が風邪をひきやすいのと同じで、余計な負担をかけられ弱くなった歯は簡単に虫歯になったり歯周病になったりします。
また咬み合わせのズレは顔の左右にあるお口の筋肉の活動の活動のバランスを壊し、頭痛・めまい・肩こり・しびれ・うつなどを引き起こすこともあります。

咬み合わせのズレとは

歯が一部なかったりすると、咬み合せがズレてしまい、正しい位置で歯と歯が咬み合わない(食いしばることができない)状態のことを言います。 この状態の場合、無意識に下あごがずれて咬み合っている状態になってしまい、あごにも悪影響を与えてしまいます。

ずれの原因

咬み合わせのズレ

咬み合わせのズレの原因の1つに歯科治療があります。
残念ながら「咬み合わせ」が歯科治療には非常に重要なことだと気がついていない、咬み合わせを無視して容易に歯を削ったり詰め物や被せものを入れる・・・ということが行われている歯科医院も少なくありません。そうしたことが行われた結果、体に不調が起こる、せっかく治療したと思ってもまたすぐに歯が悪くなったり、どんどん歯を失ってゆくことになるのです。
咬み合わせはとても繊細なので、治療していない虫歯があったり、歯並びの悪さや親知らずなどでも簡単に歪んでしまいます。

逆に、咬み合わせがズレたせいで虫歯や歯周病が進行してしまうこともあります。自分のためになることなので、治療の際に少しでも咬み合わせに違和感があれば遠慮せずに医師に伝えることが大切です。
また、歯周病も原因の1つです。歯周病はあごの骨を溶かし、歯を不安定な状態にしてしまいます。そうなると正しい咬み合わせの状態からズレていってしまい、咬み合わせの異常を引き起こしてしまいます。

被せが高い、片側しか咬めない、歯並びが悪い、くいしばりがある、抜けた歯をそのままにする

などがズレの原因になります。

症例~咬み合わせのズレがこんな症状を引き起こします~

CASE01

左下の奥歯がしみるということで来院された患者様です。

症例1-1
下あごが歪んでいるようにみえます。

症例1-2

症例1-3
患者様に本来の咬み合わせで咬んでもらったところです。しかしこの位置で、左側では上下の歯があたらないため、無意識のうちに無理やり左にずらして咬んでおられました。

症例1-4

CASE02

食事の時に左の顎が痛くなるという事で来院された患者様です。

症例2-1
初診時の写真です。

症例2-2

症例2-3
治療終了時の写真です。左の顎の痛みは全くなくなりました。
わずかに咬み合わせが変わったのがお分かりいただけますか?
症例2-4
このようなほんのわずかな咬み合わせの調整で、体の不調を改善することができたりします。

咬み合わせの治療

  • 咬み合わせの状態1
  • 咬み合わせの状態2
  • 咬み合わせの状態3

設備について詳しくはこちら

「良い咬み合わせ」とはどういう状態を言うのでしょうか?

歯は物を咬むための道具であり、その歯を動かしているのは筋肉です。筋肉が動いて物を咬もうとしたときに、ちょうど良い場所に歯がなければ、筋肉は余計な力を使ったり、歯に余計な負担がかかったりするのです。
切れ味の悪いハサミを使って物を切ろうとすると、腕に余計な負担がかかるのと同じことです。
「良い咬み合わせ」とは、そういった余計な力を使うことなく、自然に咬める状態ということになります。
具体的な治療は、それぞれの患者様にとって「良い咬み合わせ」である場所に歯をつくるということになります。
患者様が動かすお口に合わせて歯の高さを揃え、上と下の歯を咬み合わせる治療です。
当院では最先端の機器を用いて、咬む力から、咬み合わせが合っているかどうかなどを詳しく図り数値化することでより正確な治療を行っております。これまで経験と豊富な知識のみで行っていた治療が、数値が出ることで患者様の状態を細かく把握し、具体的な治療方法をご説明することが出来るようになりました。
また、口腔外科医としてあごの骨から見直し、全体的に歪みを正すことも出来るので、治療を受ける前よりもはるかに咬み心地の良い状態にすることが出来ます。

医院概要

診療時間 9:30~13:00/15:00~19:30

【休診:日・祝】

■診療科目
虫歯治療・歯周病治療・咬み合わせ治療・小児歯科・予防歯科・審美歯科・ホワイトニング・インプラント

武藤歯科醫院

078-917-5165

〒673-0891 明石市大明石町1-7-27
東急ドエルアルス明石エスタシア1F
JR明石駅より西へ徒歩3分
医院前に駐車場1台分有